2013年02月28日

Relation B

2013年3月27日(水)ー4月1日(月)
Jinen's Art Studio presents- Relation B-

kanno.jpg
【展示作家】
■宮川慶子
神奈川県横浜生まれ
東京造形大学 造形学部 美術学科 絵画専攻領域 在学
2011  「DISCOVERY 2011」KEY gallery&青樺画廊
    「五美術大学交流展」 
    「合田聖美・宮川慶子」展 CS大賞投票2位
    東京造形大学 藝術祭Creative Spiral Festival
2012 近藤ゼミ派生展「交換日記的<CORRESPONDENCE>」
    東京造形大学12号館1階ZOKEIギャラリー
    「五美術大学交流展」
    「宮川慶子 展」CS祭展示投票大賞2位 東京造形大学CS祭
    「Light room vo.10」大倉山記念館
    「静脈果実」Light room vol.8ブラフ18番館
    「宮川慶子 絵画展」高齢者福祉施設 吉祥寺ホーム
2013 「宮川慶子 展」元町ギャラリー
    「Relation B 展」麻布十番ギャラリー
    「ISSUES」デザインフェスタギャラリー原宿
    「社会CONNECT美大生 五美術大学交流展」伊藤忠青山アートスクエア


■ゆゆ
2012 多摩美大学 造形表現学部 造形学科 油画科専攻卒業
    現在大学院在学中
    第29回上野の森美術館大賞展入選
    グループ展デザインフェスタ出展

■坂本公美
香川県生まれ
東京造形大学 造形学部 美術学科 彫刻科専攻領域 在学
2011 プレ人間展 下北沢ギャラリー
2013 人人人展 apgallery

■渡邊光
1990 東京都出身
2013 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業
    東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻入学

[グループ展]
2009 夢想展(武蔵野美術大学芸術祭)
2010 学生アートフェスティバル ハチスタ!
    (八王子市学園都市センターギャラリーホール)
    self-portrait collection(横浜ランドマークプラザ)
    五美術大学交流展(武蔵野美術大学芸術祭)
    よいこはぜったいみてね展(ターナーギャラリー)
2011 トーキョーワンダーウォール公募2011入選展(東京現代美術館)
    旅するムサビ ムサビる!(東大和第二中学校)
    rühren展(武蔵野美術大学芸術祭)
    THE SIX 2011(ラフォーレミュージアム原宿)
2012 39advance展(Gallery工房 親)
    three life styles展(Yoyogi Art Gallery)
    うりたい!買いたい!ムサビ市場(オリオン書房ルミネ店)
    武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻4年赤塚クラス有志展
    赤塚屋(武蔵野美術大学)
    personal space展(Gallery工房 親)
    絵画を考えるー描くモノ(Gallery工房 親)
    旅行中的武蔵野美術大学(上海視覚芸術学院芸術視界)中国,上海
2013  平成24年度 武蔵野美術大学卒業・修了制作展
    平成24年度 東京五美術大学連合卒業・修了制作展
    Relation:B展(麻布十番ギャラリー)

【展示風景】
R0017238.JPGR0017236.JPGR0017233.JPGR0017232.JPGR0017228.JPGR0017227.JPGR0017221.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 16:18| 終了

松岡信夫展 -火と水のある暮し-

2013年4月3日(水)ー4月15日(月)

ma.jpg

鉄で造られる形は様々です。
優しく、しなやかに、力強く、重厚に
朽ちて土にかえるような、わび、さびを感じると思えばモダンで力みなぎる世界もある。
自由に自分の思いを表現出来る鉄が好きです。

【作家プロフィール】
1940年 京都府生まれ
京都市立美術大学(現芸大)を卒業し、ディスプレイ会社で店舗やウィンドウを演出する仕事につくが、思うところがあって方向転換。
純粋な芸術表現と、日常用具との橋渡しとして自分を位置付け、共同制作者や使い手と一緒に、現代の暮らしの中から新しい生活の装具を生み出すスタイルを構築。鉄を中心に、木やガラス、紙などの素材を駆使して、暮らしにかかわる様々な物を作り続けている。
その作風はヨーロッパのロートアイアンとは完全に異なり、まさに松岡テイストとしか呼べない独特な魅力を持つ。日常生活を豊かにし、元気づけてくれる作品群は、多くのファンを魅了し続けている。

作家HP
http://homepage2.nifty.com/ains_matsuoka/index2.html

【展示風景】
R0017275.JPGR0017274.JPGR0017271.JPGR0017269.JPGR0017267.JPGR0017260.JPGR0017256.JPGR0017276.JPGR0017286.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 14:34| 終了

生の転位 -Transposition of Life-

2013年4月17日(水)ー4月29日(月)

dm1.jpg

書において、線のイメージ、筆跡・筆致そのものが、「生」のエネルギーの直接的な転位であり、刻印である、ということ。同時にそれはまた、世界を貫徹し貫流している「文字=言葉=ロゴス」のかたちに己れをなぞらえ、あるいは対立させることで、自己を定位させる行為でもある。「ことだま=気息=プネウマ」のあらわれとしての、「文字=線」の流れを、聴きとり、それに対峙し、増幅させ、顕在化させること、そこに、時間と空間を切り裂いて、わたしたちの「生」のかたちが静かに、しかし強烈に、立ちあらわれるにちがいない。
(倉林靖・美術評論家)

◆オープニングパーティ
4月17日(水)18:00-
シェリーマーラーの歌「勝鬘経」より
声明 桜井真樹子
artist support


◆金大偉ライヴ
4月27日(土)18:30ー
¥1,500
「生の循環」(ゲスト・倉林靖)


【展示・参加作家】

■石井誠(書)
1982 ・2・22生 30歳 兵庫県尼崎市出身
ウールリッヒ型先天性筋ジストロフィーがあり、人工呼吸器&車いす生活
2007 大阪教育大学大学院 美術教育専修(書道) 修了
2004 大阪教育大学 芸術専攻美術コース(書道) 卒業  高等学校教育免許取得(書道)
現在、大阪府在住

○個展
2012. 石井誠展 at京都・アートスペース虹
石井誠展 at東京・アートコンプレックスセンター 
石井誠展 at神戸・ギャラリー島田
「生」展 at大阪・絵本カフェholoholo&BOOK&CAFE8 1/2
2011 「生」展 at神戸・アートスペースかおる
「生」展 at東京・アートコンプレックスセンター
「心の棲み処」展 at京都・アートスペース虹
「イシイマコトと石井誠」展 at大阪・絵本カフェholoholo
2010 「肉体・精神の呼吸」展 at神戸・アートヴィレッジセンター
「生」展 at神戸・アートヴィレッジセンター
2009 「生」展 at大阪・4匹の猫
2007 「生」展 at大阪・4匹の猫

○グループ展
2012 岡本太郎現代芸術賞展 at川崎市岡本太郎美術館
GOGO展 at神戸・アートスペースかおる 
2011 カレンダー展 at京都・アートスペース虹
ACT大賞展 at東京・アートコンプレックスセンター
2010 アンデパンダン展 at東京・アーツ千代田3331

○受賞
2012.3  書道界の芥川賞 第7回手島右卿賞
2011.11 第15回岡本太郎現代芸術賞 入選 

○石井誠HP http://www.makoto19820222.com/



■TITOSE/千登勢(書)
東京学芸大学書道科卒業後、書壇に属さず国内外で個展・ワークショップ等、独自に活動。昭和薬科大学非常勤講師。 

2012 個展「古事記かたり」 HIGURE(東京)
個展「立原道造の聲」lucite gallery 油や(軽井沢)
2011 個展「Voice of Lines」 TKW(ケルン)
個展「聲」リバース(東京)
2010 個展「Voice of Lines」 ACE CULTUREL BERTIN POIREE (パリ)
ポーランド日本情報工科大学にて講義・作品展示 (ワルシャワ)
2008 個展「線の声」GALERIE PARIS(横浜)
2007 二人展「紬と墨」 lucite gallery (東京)
2005 個展「線の声を聴く」 GALERIE PARIS (横浜)
2004 二人展「書と布」 ARTE GIAPPONE  (ミラノ)

webサイト http://sen-titose.com/


■金大偉(空間音楽)
中国生まれ。父は満洲族の中国人、母は日本人。13歳の時に家族と共に来日。以降、独自の技法と多彩なイマジネーションによって音楽、映像、美術などの世界を統合的に表現。各分野において高い評価を受けている。音楽CD『Harmony』('96)『Waterland』('97)『新・中国紀行』('00) 『 龍・DRAGON 』('00) 2006年に「道 tao」シリーズ3枚を発売。また中国の納西族をテーマにした『 東巴TOMPA.』シリーズを発表。『水郷・紹興』('10)や東日本大震災への祈りの組曲『念祷 nentou』('11)『Hi-Fu-Mi 火風水』('12)など多数リリース。 映像監督作品は、『海霊の宮』('06)『水郷紹興』('10)など多数。

webサイト http://www.kintaii.com/

【展示風景】
R0017299.JPGR0017298.JPGR0017312.JPGR0017308.JPGR0017305.JPGR0017304.JPGR0017302.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 13:47| 終了

2013年02月19日

宇賀和子展

2013年9月4日(水)ー9月16日(月・祝)

千葉県生まれ
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業

   1983  「長三賞陶芸展」長三賞受賞
   1988  「長三賞陶芸展」新興部門新人賞受賞
   1989  ギャラリーセラ(常滑)にて初個展
        以後各地で個展を重ねる
   1991  「朝日現代クラフト展」入選
   1992  「美濃国際陶芸展」入選
   1993  「めん鉢大賞展」審査員奨励賞受賞
   1994  「出石磁器トリエンナーレ」入選
        「花の陶展」入選 「めん鉢大賞展」入選
        「焼き締め陶公募展」入賞
   1997  「チェコ陶芸交流」に参加
        4月にチェコの陶芸家の受け入れ、
        そして9月にチェコ、クンスタットでの作陶と
        ブルーノでのグループ展に参加
         「出石磁器トリエンナーレ」入選
   1999  インド・DELHI BLUE POTTERY TRUSTにて
        ワークショップ参加
        デリーとインド北部のアンドレッタ村での作陶の後
        デリーでのグループ展に参加
        チェコ・「マグカップシンポジウム」参加
        「クラフト展」入選
   2000  「出石磁器トリエンナーレ」入選
   2001  チェコ・「ポットシンポジウム」参加
        「長三賞陶芸展」入選
   2003  「出石磁器トリエンナーレ」入選
        チェコ・「マグカップシンポジウム」参加
   2004  「第一回台湾陶芸ビエンナーレ」入選
        スペイン・ガレシアにてワークショップ
   2005  韓国「世界陶芸ビエンナーレ」入選
        韓国・ヨジュにてワークショップ
   2006  「出石磁器トリエンナーレ」優秀賞受賞
   2007   「朝日現代クラフト展」奨励賞受賞
   2008  第二回台湾国際陶芸ビエンナーレ 審査員賞受賞
   2009  マレーシア「Patisatu Studio」のレジデンスに参加
        クアラルンプールにて展示会
   2011  チェコ・「マグカップシンポジウム」参加
   2012  第三回台湾国際陶芸ビエンナーレ 入選
        マカオにてワークショップ

■パブリックコレクション
台湾   台北縣立鶯歌陶瓷博物館

韓国  利川世界陶磁器センター

兵庫県豊岡市  伊藤清永美術館

webサイト http://www.sabai-int.com/uga/
13pro_p.jpg
posted by Azabujuban Gallery at 16:16| 予定

2013年02月12日

2013年新春公募展

koubo-2013.jpg
前期
2013年3月2日(土)ー3月6日(水)※火曜日開廊

後期
2013年3月9日(土)ー3月13日(水)※火曜日開廊

●前期展示作家
神戸沙織
越智也実
Rei Ozaking
中込律子
松村早希子
永田聡
高松志帆

●後期展示作家
北川太郎
小原玲子
小林早知
飯塚悠太
高野由美
下川智華

【前期展示風景】
R0017075.JPGR0017072.JPGR0017062.JPGR0017060.JPGR0017059.JPGR0017057.JPGR0017055.JPG

【後期展示風景】
R0017123.JPGR0017118.JPGR0017116.JPGR0017115.JPGR0017113.JPGR0017112.JPGR0017111.JPGR0017110.JPGR0017109.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 11:53| 終了

2013年01月29日

「地獄極楽草子」高須賀優展

takasuka.jpg
2013年3月15日(金)ー3月25日(月)

オープニングパーティー
3月15日(金)18:00-

高須賀優 Masaru TAKASUKA

愛媛県生まれ。東京在住。装丁・イラストの仕事に従事する傍ら個展などで絵を発表。30数年前とあるサーカス団で、ペンキ塗り、ポスター制作等を手伝う。 2005年頃よりブリキ板や空き缶に油絵を描きはじめる。2012年瀬戸内海弓削島の「頼れるふるさとネット」の支援を受け現地にてブリキ画制作、第20回伊豆高原アートフェスティバル(Gallery青樹)で発表。(2012) 
   
■おもな個展:
「中国雑伎の旅」1994年・ギャラリーXカイ╱両国
「サーカス小品展」1997年・国際サーカス村資料館╱群馬
「ブリキのサーカス」2005年・NC Art Gallery╱京橋
「サーカスの海」2005年・ガレリア青猫╱西荻
「曲芸お伽草子」2009年・小野美術画廊╱銀座
「ブリキのサーカス2」2010年・小野画廊京橋╱京橋
「マサル サーカス」2010年・ニワコヤ╱仙川
「FAMILY」2010年・小野画廊U╱銀座 
「山梨発 エコブランド展」2011年・山梨県立美術館╱甲府
「道化の春」2011年・小野画廊U╱銀座
「お伽のヘブン」2011年・Galleryアソビバ╱高円寺
「第20回伊豆高原アートフェスティバル・高須賀優ブリキ画展」2012年・Gallery青樹╱伊豆高原

■出版 :

「ブリキのサーカス」2005年 2010年3刷 発行 高須賀優
「曲芸お伽草子」2011年・鶴書院

サイトURL:http://masarucircus.blogspot.jp/

【展示風景】
R0017195.JPGR0017186.JPGR0017185.JPGR0017184.JPGR0017182.JPGR0017180.JPGR0017179.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 17:48| 終了

2012年12月25日

荒井明日葉展

2013年2月22日(金)ー2月28日(木)
img.jpg

荒井明日葉 AraiAsuha

2011年 女子美術大学芸術学部工芸学科卒業
2011年 女子美術大学大学院美術研究科美術専攻修士課程入学
2013年 女子美術大学大学院美術研究科美術専攻修士課程修了予定

2010年 Japan texクリエイターズタウン出品(有明ビッグサイト 東京)

2011年 テキステキ展(東京デザインセンター 東京)
    清州国際工芸ビエンナーレ(清州国民生活館 ソウル)入選
    第47回神奈川県美術展(神奈川県民会館 横浜)入選

2012年 もやもやもや展(gallery ab-ovo 東京)
    沖縄県立芸術大学大学院+女子美術大学大学院 教育&bull学術交流協定締結記念学生作品展(女子美ガレリアニケ 東京)
    刺繍をまなぶ展(女子美術大学美術館JAM 神奈川)

くずれる1.jpgうずまく1.jpgゆれる1-1.jpg

【展示風景】
R0017022.JPGR0017021.JPGR0017014.JPGR0017013.JPGR0017012.JPGR0017011.JPGR0017010.JPGR0017007.JPGR0017006.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 14:53| 終了

2012年11月12日

外村友紀展 〜雪積む森の動物たち〜

2012年12月19日(水)〜12月24日(月)

tonomura.jpg

1977年東京生まれ。
2000年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、独特の色使いと偶然性の強い線を用いた絵や立体作品を発表。
個展、グループ展多数。Ne-net東京コレクションのヘッドアクセサリーや店舗装飾なども制作。

web site:http://www.yellowpony.net/yellowpony%20sub/tonomura/index.html

IMG_1587.jpg作品2.jpg作品1.jpg

【展示風景】
R0016979.JPGR0016978.JPGR0016977.JPGR0016975.JPGR0016974.JPGR0016972.JPGR0016971.JPGR0016969.JPGR0016967.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 11:41| 終了

2012年10月27日

LITTLE CHRISTMAS 小さな版画展

2012年12月12日(水)−12月17日(月)

little.jpg

今回で第3回目を迎える版画展。
クリスマスをテーマに48名の新作オリジナル版画が一堂に会します。
会期中のみ限定1点7,000円(税別)の特別価格で販売いたします。
是非、この機会にお気に入りの一枚に出会っていただけますよう心から願っております。

【参加作家】
安芸真奈 / 安藤真司 / 生嶋順理 / 井上厚 / 今村由男 / 岩渕華林 / 太田敦子 / 岡沢幸 / 岡田まりゑ / 荻野佐和子 / 小倉みなみ / 尾関立子 / 片平菜摘子 / 亀山知英 / 木下恵介 / 木下直耶 / 木村繁之 / 小林文香 / 齋藤悠紀 / 斉藤里香 / 佐竹邦子 / 佐藤真衣 / 鈴木良治 / 住田裕見 / ちばさなえ / 茶之木絵理 / 釣谷幸輝 / 鶴巻貴子 / 常田泰由 / 中島奈津子 / 二階武宏 / 野口真弓 / 林 明日美 / 林 孝彦 / 原 陽子 / 平垣内 清 / 廣澤 仁 / 筆塚稔尚 / 古本有理恵 / 古谷 博子 / 松本秀一 / 箕輪千絵子 / 宮嶋結香 / 八木文子 / 安井寿磨子 / 若月公平 / 渡邊加奈子 / 綿引明浩

44 八木文子.jpg43 宮嶋結香.jpg38 筆塚稔尚.jpg35 原陽子.jpg34 林孝彦.jpg31 二階武宏.JPG12 尾関立子.jpg05 今村由男.JPG02 安藤真司.jpg

【展示風景】
R0016950.JPGR0016949.JPGR0016946.JPGR0016945.JPGR0016944.JPGR0016943.JPGR0016942.JPGR0016937.JPGR0016940.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 14:18| 終了

2012年10月26日

表裏一布展

2012年11月21日(水)〜26日(月)
DM.jpg

渡辺万知子氏が主宰する染織工房イカットと指導している
文化学院アート&クラフトセンター・ファイバーアートクラスのメンバー11人による展示です。

渡辺万知子プロフィール
女子美大卒、染織工房イカット主宰、文化学院アート&クラフトセンター講師
日本・インドネシア服飾文化協会理事長


出品作家一覧

大田三子
加清桂子
北山睦子
窪田由美子
剣持裕子
斉藤慶子
小松由美子
横田侑明
中野直子
深川桂津子
佐伯晶子
渡辺万知子

【展示風景】
R0016868.JPGR0016867.JPGR0016864.JPGR0016862.JPGR0016861.JPGR0016859.JPGR0016858.JPGR0016855.JPGR0016854.JPG
003.JPG002.JPG001.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 18:02| 終了