2012年03月02日

松田隆作展 カーネーション物語 -ラストファイナル- 

2012年4月4日(水)〜4月16日(月)

Azabujuban Galleryで2回目となる松田隆作さんの展覧会は生け花の現代美術です。
カーネーション物語は20年前にスタートした作品の変化と自分の心の状況により展示し続けて最後の展示となります。
生命の尊さ人間の奥底にある心理…。16歳にスタートした彼女達も年月を経て65歳になりました。最終章となる今回の展覧会。どうぞ足をお運び下さい。




松田隆作 Ryusaku Matsuda

  1948 兵庫県生まれ。 
      studio MATSUDA93主宰。
      千葉大学園芸学部講師、JFTD学園日本フラワーカレッジ講師。


  1980 「現代いけばな美術館 1980」展に出品。       
  1984 コンテンポラリーアート界のギャラリーにて個展。
       以降、個展を多数開催。
  1988 日本ディスプレイデザイン賞ウィンドウ部門優秀賞受賞。
  1989 studio MATSUDA 93を設立。
  1990 国際花と緑の博覧会の日本政府苑植物展示アートディレクターを務める。
  1993 昭和記念公園フラワーパフォーマンス展出展。
  1994 表現としてのいけばな展出展。
       この年より2002年までアートフォーラム谷中企画展を毎年開催。
  1995 オランダのモバック社100周年記念と、カナダの Todey’s  Japan
       に招待される。
  1996 千葉市花の美術館に作品を常設展示。
  1997 フラワーパフォーマンス「East meets West」に出演。
  1999 山崎広太コンテンポラリーダンス公演「シノワーズ・フラワー」の舞台美術を担当。
       「いけばなから'99」に出展。
  2001 美術評論家三頭谷鷹史による企画個展開催。
  2002 「上野・谷中アートリンクス」企画にて招待個展。
  2003 Glyodorギャラリー Wave Hill における、ザ・ブッディズムに出展。
  2005 「善光寺大花展」に出展。
  2006 個展「木の魂」開催。
       個展「竹――空気の形」開催。
       「越後妻有アートトリエンナーレ」に出展。
  2008 個展「My Lovely Bamboo」開催。
       「Daniel Ost@home」展に招待出品。
  2009 ミュンヘンドイツ国立花卉芸術専門学校 招待個展
  2010 個展「空気のカタチ・光バージョン」Azabujūban Gallery
  2011 個展「華思行」 風の沢ミュージアム
       個展「桃のみのるころ」 国際フォーラムアートショップエキジビジョンスペース
       グループ展 いけばな雑司ヶ谷 出品。
       

  [著書]
   『コンテンポラリーいけばな』(共著・婦人画報社)
   『花あわせ・色あわせ Vol1,Vol2』(共著・六耀社)
   『ワールドフラワーアーチスト』(共著・草土出版)
   『現代のフラワー・アーティスト9 松田隆作』(京都書院) 
   『季節の花をいける』(講談社)


p46_47 matu.jpg16歳の乙女たち


p48 matu.jpg18歳決意の時


p49.jpg20歳デビタント


p50_51.jpg30歳放埒の日々


p52 matu.jpg40歳鬱病


_PLN7719 matu.jpg60歳そしてひとりになった




R0015741.JPGR0015739.JPGR0015738.JPGR0015737.JPGR0015735.JPGR0015728.JPGR0015726.JPGR0015736.JPGR0015727.JPG


posted by Azabujuban Gallery at 16:51| 終了