2012年02月03日

銘銘展

2012年2月29日(水)〜3月12日(月)

若手陶芸家4人展です。今回Azabujuban Gallery3回目となります。各々の個性と形をどうぞお楽しみ下さい。


meimei-.jpg

参加作家

加藤智裕

1996  伝統工芸士 加藤圭介氏に師事
     オーストラリアにて陶芸家Errol Barnes氏に師事文化と器の違いを学ぶ
1999  Lyrebird Ridge Cafe&GalleryにてAmerican RAKU展示
2006  常滑市に工房を構える
2009 Azabujuban Gallery「常滑より春来る展」
2010   Azabujuban Gallery 「ベクトル×4」
     近鉄百貨店本店にて「陶とガラスの二人展」

     他グループ展多数

      個展、グループ展多数


白い器は滑らかな手触りを求めて製作した物です。
白い色は亜鉛華で出しています。土は半磁器。
マットな質感から「卵の殻のよう」といわれます。

鉄色の器は「鉄の錆」のような質感を求めて製作した物です。
黒い色は主に鉄によって出しています。土は皿のみ陶器でそれ以外は半磁器。
錆びたイメージの黒には独特の重みがあります。  


栢野紀文

1971 岡山県総社市に生まれる
1997 岡山大学大学院教育学研究科修了
1997 滋賀県陶芸の森(創作研修生)4月〜9月
    朝日陶芸グランプリ受賞
1998 愛知県常滑市に移住
    陶芸家吉川正道氏に師事
2004 独立

現在 愛知県常滑市にて活動中
http://www.ikeyan.jp/artist/2010/kayano.html


冨本大輔

1973 愛知県常滑市に生まれる
1996 愛知大学経営学部を卒業し、信用金庫に入庫
1998 退職し、制作を開始
 
現在 愛知県常滑市にて活動中



畑中 篤

1979 奈良市生まれ
2003 京都市立芸術大学工学科卒 元興寺文化財研究所入所
2004 中部国際空港壁画プロジェクト参加
2005 吉川正道氏に師事
2007 熱田中部労災病院陶壁制作参加 常滑にて独立
2008 名古屋芸術大学非常勤講師  
2010 制作拠点を奈良に移し、現在市内にて活躍中

出展等
2007 個展 ギャラリープランネット(名古屋)
2008 第八回国際陶磁器展美濃 入選  個展 クロスギャラリー(名古屋)  個展 sophora (京都)  他 グループ展など





R0015669.JPGR0015670.JPGR0015674.JPGR0015675.JPGR0015678.JPGR0015680.JPGR0015682.JPGR0015685.JPGR0015683.JPG






posted by Azabujuban Gallery at 11:42| 終了