2013年04月25日

山田浩之展

2013年5月29日(水)ー6月3日(月)

yamada.jpg


プリミティブなものに出会った時、羨ましさに似た感情が湧いてきます。
現代社会の喧騒の中で暮らす自分たちにとって、その素朴さはまさに憧れの対象となります。
飾り気がなく、シンプルでかつ力強い、そこにはよこしまな作為は無く、技術や効率に走る気負いも見られません。そういうものに憧れるのは、ごく自然なことのように思えます。
自分が今置かれている状況を考えると、どうしても効率や、技術に偏りがちです。それと、正反対のことが出来るとは思えませんが、少しそんな物づくりをやってみようと思っています。

現代アートがその時代を切り取る表現だとしたら、陶芸はそれが最も表現しやすいものだと思います。古いものが残りその時代を語る、現代生きる者はその手掛かりを頼りに過去を想像する。時代や、流行に流されるのも、それに違和感を持つことも、その時代を象徴するものだと思っています。ただ、焼き物が永久的に残るものだということがとても重要に思えます。
今何が起こっているかとか、何を使っているかとか、どんなものを食べているとか、焼き物が未来で語ってくれるのだと思います。
メモリーカードやCDなどのデータを記録する物は3000年耐えられないかもしれませんが、10000年前〜35000年前に作られたと言う土偶は、しっかりとその時代の文化を伝えていると思います。やきものはそういう存在だと思っています。

そしてもう一つ思うことがあります。人は食べなければ生きていけません、そして人には他の動物には必要ない器が必要なのです。
やきものは、食と深くかかわっていると言うことです。古代人が土を焼いて陶としていった理由は、食べるための器を作るためだったと思います。
ある、先輩陶芸家が言っておられたことがあります。
「やきものを素材に、作品を作る作家が、器を作ることはとても自然なことで、それをしないと言うことは、その素材と全く向き合ってないことを暴露しているのと同じことだと思う」
と言っておられました。僕もその通りではないかと思っています。

その時代を切り取る作品を土で作り、そして食器を作る。それが僕の今のスタンスです。

山田浩之

山田浩之プロフィール
1970 兵庫県篠山市生まれ
1992 岡山大学卒業
1993 丹波立杭焼窯元で修業
1994 滋賀県立陶芸の森の研修作家として作陶
同年より信楽焼窯元にて就職
1996 信楽町黄瀬にて独立
2001 信楽町宮町に工房を移転
2001,2 IW.Conch(アメリカF.L)に参加
2002 陶芸の森にて大壷製作
2004,05 韓国Yeojuにてワークショップ
2005 The Museum of Fine Arts, Houstonにてワークショップ、

特別展覧会
2008 アートイベント信楽ACT2008〜あるく、のぞく、みつける〜主宰、出展
中国、長春吉林芸術学院にて夏季集中講義を行う
2009 信楽ACT2009〜ツチツナギ〜主宰
2010 信楽ACT2010〜バランス・アンバランス〜主宰、出展
2012 信楽ACT2012主宰、出展

コレクション
滋賀県立陶芸の森
信楽町教育委員会
MIHO MUSEUM
Taipei County Yingge Ceramics Museum
The Museum of Fine Arts, Houston USA
World Ceramic Center, Yeoju Korea
World Ceramic Center, Icheon Korea

賞歴
1995 現代茶陶展 入選
1996 高岡クラフトコンペ 入選(′98)(′08)
長三賞陶芸ビエンナーレ 入選(′03)(′05)
備前焼締め陶トリエンナーレ 入選
1999 信楽陶芸展〜器をこえて 優秀賞
2000 第11回秀明文化基金賞受賞
2003 花の器コンテスト 奨励賞
第40回朝日現代陶芸展 入賞
台湾国際陶芸ビエンナーレ 入賞
2004 第41回朝日現代陶芸展 入賞
2005 第23回朝日現代クラフト展 入選
2006 出石磁器トリエンナーレ 入選
2007 The 4th World Ceramic Biennale 2007 Korea
2008 第26回朝日現代クラフト展 審査員奨励賞
伊丹国際クラフト展「酒器・酒盃台」 準大賞
2010 萩現代陶芸展 入選

【展示風景】
R0017575.JPGR0017574.JPGR0017571.JPGR0017570.JPGR0017569.JPGR0017558.JPGR0017557.JPGR0017554.JPGR0017552.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 14:01| 終了

2013年04月08日

「小さな幸せ」金木正子展

2013年5月22日(水)ー5月27日(月)

kaneki.jpg

小さな作品をたくさん集めた展示です。
身の回りの可愛らしい物たちを描きました。
小さな幸せを見つけにいらして下さい

〈略歴〉
1976年 千葉県生まれ
2005年 東京芸術大学絵画科日本画専攻卒業
2007年 東京芸術大学大学院修士課程デザイン専攻(中島千波研究室)修了

〈個展、グループ展〉
2005年 『波濤の会』/松坂屋(銀座、上野、名古屋本店)/福岡小倉井筒屋…(以後〜’12)
2006年 『作家の卵展』/おぶせミュージアム(SHINPA!に改名し、以降〜’12)
2007年 『NAMIKEN1展』/新生堂
      『SHINPA!』/佐藤美術館(以後〜’12)
      『第41回レスポワール展新人選抜ー金木正子展』/スルガ台画廊
      『新人選抜展2007明日への翼』/西武(沼津)
2008年 『金木正子展なごみ』/山下画廊
      『金木正子日本画展』/東急本店(渋谷)
      『金木正子日本画展』/天満屋(倉敷)
      『若手作家選抜4号展』/ギャラリー吉田
2009年 『金木正子個展“WOMAN, CAT’S AND FLOWERS”』/GALLERY SHOREWOOD
      『四季の花展』/ギャラリー吉田(以降〜’11)
      『金木正子と人気作家展』/東急(札幌)
2010年 『EXHIBITION”0+SM+3GO』/GALLERY SHORWOOD(以降〜’12)
      『日根野裕美・金木正子展』/東急たまプラーザ店(横浜)
      『金木正子日本画展 アニマルヒーリング』/そごう(千葉)
      『GINZA GALLERIES XMAS ART FESTA金木正子個展』/山下画廊(以降〜’11)
2011年 『千松華展』/松坂屋(上野)
      『金木正子日本画展アルファバンクアートフォーラム』/京葉銀行本店
2012年 『夏の芸術祭2012−次世代を担う若手作家作品展』/日本橋三越本店
      『東京藝術大学院描画研究室修了生による作品展』/大和百貨店本店(金沢)
      その他個展、グループ展多数

〈受賞〉
2005年 第1回世界堂絵画大賞展名村大成堂賞受賞
2006年 第1回ART INDEPENDENT CONTEST入選
      第16回ART BOX大賞展入選
2008年 第25回FUKUIサムホール美術展入選
2009年 第13回さかいでARTグランプリ入選
      第11回雪梁舎フィレンツェ賞展入選
      第4回丹波市美術大賞展入選

【展示風景】
R0017531.JPGR0017529.JPGR0017524.JPGR0017522.JPGR0017521.JPGR0017520.JPGR0017519.JPG
posted by Azabujuban Gallery at 13:24| 終了

乾漆collaboration展

2013年5月1日(水)ー5月13日(月)

watanabe.jpg

世界文化遺産や国宝の修復にも使われている浄法寺漆。
世界最古の漆製品は約1万年前の北海道の遺跡から発掘された麻と漆を使った乾漆。
麻布をキーワードに 素材、作り手と漆掻きさん達とのCollaboration作品展です。

 なぜ浄法寺漆にこだわるのか。それはなんといってもかぶれです。中国産漆と比べると本当につらいです。これだけひどいかぶれを起こす漆なので、塗膜や接着力が中国産漆より強くないはずが無い。科学的には解明されてないのですが、かぶれてみると本当にそう思います。三内丸山遺跡で漆木の新種が見つかり、その系統の漆を使っていたとは驚きでした。漆掻きさんは木を見て漆を掻き取るといいます。作り手は漆を見て器を作ります。国産漆だけに変えた今では、中国産漆を使っていた時と作風も自然と違ってきました。自分の思い通りにいかない漆に自然の怖さを感じます。会場で山里の雰囲気を感じてもらえれば幸いです。

 会場では漆に関するスライドショウ。最新の浄法寺漆の噂話。漆の木や樹液採取道具。実際に毎日使っている椀。価格についての疑問をわかりやすく展示するコーナーも用意しています。 スライドショウでは中国から伝来したと思われていた漆木、技法がもしかすると日本独自のものの可能性がある話や、ガシャガシャと他の食器と洗える漆の扱い方や修理の仕方など、身近な漆の疑問にお答えできるような内容になっています。ズボラなお手入れでも大丈夫な漆器で、制作途中の無駄を省いた、お値段までもエコな漆のお椀もあります。 化学合成素材が不安と思われている方には、トレーサビリティーに気を使った天然素材だけで作った器もあります。
 展示作品数は日常使う漆器を中心に約60種類、150点。

 かつてはジャパンと呼ばれていた漆工芸。その原材料である生漆の国内総生産量は、輸入量のわずか2%ほどです。最近は中国漆の輸入量が増加し国産漆が減少しているというますます厳しい状況になっています。品質はいいのかどうか証明できていないし扱いづらい、価格が高い、品質が一定しないし良し悪しの判断がつきにくいからでしょう。浄法寺に5年間住み、現在までに使った量は200kg。経験を生かして品質が高い漆を選びました。それはお客様が気楽に楽しんでいただけるような普段の暮らしの中で使う漆の器だからこそ必要です。    
 ご高覧いただきますようお願い申し上げます。
追伸 漆は一度固まるともうかぶれる心配はありません。制作終了して一定期間寝かせた作品だけを出品しておりますので、どうぞご安心ください。


ryakureki.gif

サイト
http://www.geocities.jp/urushi_watanabe/

【展示風景】
R0017425.JPGR0017421.JPGR0017418.JPGR0017417.JPGR0017414.JPGR0017409.JPGR0017408.JPG

posted by Azabujuban Gallery at 13:14| 終了